お豆の迷走記

人生迷走中アラサーお豆の日常や家族の話

30 変化は突然に・・2

おはようございます。

今朝は少し冷えましたね・・・。

家族の話もまた更新していこうと思いますが

ひとまず、こちらの話を少し進めていきます!!!

お豆です。

 

 

無言の車中・・・

暗闇の中を走行・・・

 

そんなの気が重いに決まってる。

車中の空気は最悪で・・・

長い長い沈黙。

 

 

沈黙を破ったのはぼんぼん

ぼんぼん:最近、しんどい・・・

お豆:ん?仕事?どしたの?

ぼんぼん:仕事じゃない

お豆:え?仕事じゃないなら何?どうしたの??

ぼんぼん:・・・・しんどい。

お豆:大丈夫?

ぼんぼん:しんどい・・・しんどい・・

お豆:何かあったの??

ぼんぼん:・・・・この前から、しんどい。

     お豆さんとのことがあってからしんどい。

お豆:・・・・ごめん。

ぼんぼん:いや・・・ごめん・・・最低だな

 

ぼんぼんを苦しめてたんだって・・・

なんだか胸が張り裂けそうになった。

 

 

また長い長い沈黙・・・

 

 

ぼんぼん:この関係でいいっていったのに・・・

お豆:うん。

ぼんぼん:ぼくがこの関係がいいっていったのに・・・

お豆:うん。

ぼんぼん:この関係がしんどい・・

お豆:・・・・・。

   (え?この関係しんどい?なんで?って思ったけど・・・

   言葉に出来なかった…)

ぼんぼん:しんどい・・・

お豆:じゃぁ、この関係も終わり?

ぼんぼん:・・・・・

お豆:ぼんぼんがこの関係がいいっていったから

   前と同じ関係でいるけど・・・

   しんどいならそれもやめようか。

ぼんぼん:・・・・・

お豆:・・・・・(涙をこらえて)

   あんまり飲みにも誘ったりしないようにするよ

ぼんぼん:なんでそんなこというの?

お豆:だって、この関係もしんどいんでしょ?

ぼんぼん:・・・・・

 

しんどいっていうぼんぼんに

今まで通り一緒にいようなんて言えなかった。

そっか、この関係も終わりなんだって・・・

悲しかった。

涙をこらえきれなくて・・・

涙を拭いながら運転した。

 

無言の車中に流れる音楽と

お豆の鼻をすする音だけが響いて・・・

それがまた余計にむなしさを生んだ。

 

少しいったところに広場があった。

車を停車し、ティッシュで鼻をかんだ。

 

山の中腹の開けたところだったようで

満点の星空がフロントガラス越しに見えた。

なんとも言えないほどの景色にはそぐわない二人が

車中で沈黙しながらいる。

 

沈黙を破る言葉も見つからず

鼻をすすりながら、フロントガラス越しに

星を黙って見つめた。