お豆とぼんぼん

アラサーお豆と年下彼氏ぼんぼんの話

家族の話8 またね2

こんにちは・・・

数日間、地下に潜ってました。

お豆です。

 

豆母の家は

祖父が短命の血筋で、祖母が長命の血筋。

 

祖父は60過ぎで亡くなり

母の姉と兄も60過ぎで亡くなった。

 

母の姉と兄は二人とも癌で亡くなった。

母の姉は、癌と診断されると同時に

余命宣告を受けた。

 

母は姉の元に駆けつけた。

そして、みんなでお寺にお参りに行き

みんなで、何度も何度もお経を唱え

当病平癒を祈った。

 

そして、抗がん剤

髪が抜け落ちるのが嫌だからと

自ら頭をバリカンで刈って・・・

丸坊主にして

似合うでしょ?と笑うその笑顔に

何故か励まされたのは私たちの周りの親族だった。

 

みんなの願いが届いたのか

数ヶ月後、癌は消え去っていた。。

 

病院の先生に奇跡だ!!と言われ

みんなで喜び、涙した。

 

とはいえ、癌の再発には注意しながらの生活になる。

闘病生活の中で、おばの旦那さんが鬱になった。

 

おばは旦那さんの為にと

犬を飼った!名前は"力"と書いて、「リキ」と

おばが名付けた。

 

おばは旦那さんの力になってほしい!

旦那さんを元気づけてほしい!

自分がもしいなくなっても力強く生きてほしい!

そんな想いがあった。

 

リキが家族に加わったことで、

旦那さんも元気になった。

おばも再発に気を付けて

定期健診を行いながら、家族と楽しく暮らしていた!

 

そして、お豆が大学受験で高知に行くことになった時

おばがお四国詣りに行きたいというので

お豆が試験を受けている間に

父、母、おばで、近くのお寺にお参りに行っていた。

 

そして、試験が終わったお豆と合流し

鰹のたたきを多能して帰ったのは、今となっては

とてもいい想い出である。

 

それから、2ヶ月して

おばに癌が見つかった。。。。

 

それもかなり転移しており

余命も長くて1年と宣告された。

 

緩和ケアを薦められたが

おばは「家で死にたい」といい

検査入院からすぐに退院の手続きを取り

自宅に戻った・・・

 

おばの次男はお医者さんで、お嫁さんは看護婦さんで

検査結果を聞くときから立ち会い

自宅で自分が看ると言い

「仕事をクビになってもいいから母を看取りたい。」と

職場の院長と話をし、結果

おばを看取る間、休みをもらった。

 

余命宣告を受けたと母から聞き

おばの元へ駆けつけたとき

おばは随分とやせ細り、まるで別人でした。

1日のほとんど眠ったままでしたが

偶然起きているおばに会えました。

話の途中で、おばは眠ってしまいましたが

今までと変わらない素敵な笑顔がありました。

 

おばが亡くなったのはそれから1ヶ月ほどたってから・・・

 

おばは必死に息を吸っていました。

呼吸が荒くなり、とても辛そうなおばに母が

「お姉ちゃん、もう頑張らんでいいよ。」と言うと

一度、大きく息を吐いて

静かに息を引き取ったそうです。

 

おばが亡くなるとき

母やおばの兄弟、おばの旦那さんや息子達が

おばを見守り、最期を看取ったそうです。

 

葬儀の時に

おばの旦那さんが最期のお別れの時に

「ありがとう。またね。」と

おばの頬に優しくキスをしました。

 

みんな泣きながらおばに別れを告げ

またね。またね。と繰り返しました・・・・

 

おばは母よりもワイルドで

母よりも強く、たくましかったw

 

ムカデが出たときはリモコンで退治しちゃうしw

ゴキブリは素手で退治しちゃうしw

どんなに高価なものでも、おばが不要だと思う紐とか

はさみで切っちゃうしw

どんな相手にもまっすぐで、

いつもどんなときも真剣そのもので

かなり厳しい部分もあったけれど

その分、とても優しかった。

そして、あの素敵な笑顔に何度も励まされた。

 

母は、最期のお別れで

「お姉ちゃん、あっちでお父さんと待ってて!またね。」

って伝えていた。

 

母はおばの亡くなった年を越えたとき

なんとも言えない気持ちになったと言いました。

今でも、母とおばの話をすると

母は「最期に頑張らんでいいっていってあげれてよかった。」

最後に必ず言います。

そして、「いつかあっちであった時、またゆっくり話がしたい。」

という母はどこか楽しそうというか

その日が待ち遠しいと思う子どもの様です。

 

それほど母にとっておばや家族は素敵な存在なんだな~と思う。

 

 

家族の話7  またね!その1 

おはようございます。

今日は、朝から車のフロントガラスに

霜が降りてたのだけど

それがちょこちょこだったので

雪の結晶が降ってるみたいに見えて

朝からなんだか感動しました!!

遅刻ぎりぎりなのに悠長なことしてました。

お豆です。

 

 

今日からの家族の話は

少ししんみりしちゃうかもです。

(しんみりしないかもだなw) 

 

母は5人兄弟で

姉、兄、母、妹、妹!!

小さい頃から賑やかだったみたいで

盆や正月などに、母の実家に従兄弟が集まると

恐ろしいほど賑やかだった!

毎回毎回人数も多いので大宴会!

 

でも、従兄弟全員が集まったのは

祖母のお葬式の時だけ!

そのこともまた書きますが・・・

母の兄弟の子どもが

3人、2人、4人、2人、3人とお豆達を含めて

14人いたのだ!!

一番上から一番下までは20歳差!

ジェネレーションギャップもすごかったのw

 

そして、みんな母の兄弟の子どもって事もあり

ワイルドだし、負けん気が強く

濃いキャラの人が多かったw

 

母の父(祖父)は母がまだお嫁に行く前に

祖母と兄と、近所の人たちとの

旅先で亡くなったそうです。

 

亡くなったあと、祖父をどうやって

実家に連れて帰るかはとても大変な話し合いだったそうです。

(当時は火葬してお骨を持って帰るのが一般的だったそう)

 

でも、どうしても実家に連れて帰るってなったとき

母は車で迎えにいくから!!!と言ったそうです。

けれど、それは今では5時間ほどの所でも

その当時はその倍ほど時間がかかるとことでしたし

今のようにレンタカーなどもありませんでしたから

母のその言葉から、祖父への想いが感じられました。

 

そんな中、祖父達の宿泊していた所の人が

船の船頭さんに話をして下さり

(本来は亡くなった方を乗せることは出来ないのです)

荷物として、シートに包んででもよければとのことで

船に乗せて下さったそうです。

 

そして、祖父を実家で家族全員そろって迎え

最後のお別れをしたそうです。

 

祖父はとても優しく子煩悩だったと母は言います。

また戦争経験者の祖父は、足を鉄砲で撃たれ

弾が貫通したそうで、その時の話なども

幼い頃よく聞いたそうです。

 

母は祖父の背中を流すのが好きだったそうです。

大きくなってからも、祖父の背中をよく流していたそうです。

そんな母に祖父との思い出を聞く中で

お豆が一番笑ったのは

祖父と一緒にお風呂に入っていた時に

浴槽から出ようとした幼い母・・・

つるっと滑り、こけそうになった時に

祖父の逸物をぎゅっと握ってしまったというw

 

そのあと

祖父:大丈夫か??(にこっ)

母:うん。痛かった??

祖父:いや。大丈夫ならよかった。

って!!!

 

いや、絶対痛かったやろ?って母も思ったそう。

でも祖父は痛いとも、何も言わず

大丈夫か??って聞けるところがすごい!!

 

でも、この話はなんど聞いても笑ってしまうw

この話も家族や従兄弟の中では有名な爆笑話!!

 

 

 

母は亡くなった祖父に別れを告げた。

またね!って。

 

祖父は60位で亡くなったので

祖母はまだ50位だし、

3人未婚でいたこともあり

すぐに祖母を迎えに来ないでね・・・と。

少しの間祖母と離れちゃうけど

向こうで待っててね・・。

 

祖父とお別れした母が

祖父に似た息子(枝豆)と出逢うには

それからまだ何年も先の話・・・。

 

枝豆は祖父によく似た目をしていると

幼い頃よく言われていた。

祖母からも母の兄弟からも

みんな枝豆は祖父に似ていると言った。

 

祖父に似ている枝豆を見る

母や祖母、母の兄弟達の目は

どこかとても嬉しそうだったのを

お豆は今でもよく覚えている。。

 

お豆達は祖父に会ったことはないが

写真で見る祖父はとても優しい笑顔で

目が枝豆にそっくりw

そして何よりも

家族への愛が溢れているのがわかる。

そんな祖父にいつかお豆も

向こう側で会いたいと思う。

 

母に父は祖父に似ていない!と言ったら

似てるよ!子煩悩で優しいところ!って。

そっか、そっか!

確かに父は子煩悩で優しいもんねw

 

お豆も子煩悩で優しい人と結婚したいな!!

そして、祖父母のような素敵な恋愛結婚がいいなw

祖父母のなれそめはまた書きますね!

 

それではまた次回!

バレンタインに向かっていくお豆!!

こんばんは。

最近、お豆が住んでる近くでも。。。

コロナの感染者が出たと聞き

少し怖くなってきました。

お豆です。

 

先日から、ぼんぼんに渡すバレンタインのカードを

作成しています。

今回は、アルバムも兼ねて

以前の様に飛び出す仕掛けの中に

ぼんぼんの写真だけを貼り付けていましたが!!!

 

よく考えたら、なんでお豆が遠慮しなきゃいけないの?って思い始め

お豆と写ってる写真も載せることにした!!!

 

家族が見る??

そんなのしらねw

そもそもお豆のこと雑に扱って

家族にも内緒とか・・

(まぁおそらく家族は分かってる)

そんなのぼんぼんの都合やし!!

お豆はしらねw

 

って思い始めたら

作るのが楽しくなって・・・

どんどん進む進むw

 

あり得ない速度で進んでるし

前回よりもよりよいものになってきてて

やっぱり回を重ねると上達するのね!って感じ。

まだ半分くらいなのに

既に超力作なのは間違いない!!!

 

自分とのツーショットを貼ることは

結構ぼんぼんに対しての挑戦??でもあるし

ちゃんと意識してほしいっていう意思表示でもある。

 

チョコももちろん購入済み!!

何故ならお豆はお菓子は作れないから(T-T)

で、今回は家族とも食べられるように

家族の人数分のチョコ菓子にしました!!

 

それにプラスして

yogiboを送る予定。。。

 

他に何かいる??って思うけど

Xmasにパンツと靴下送ったし

昨年のクリスマスにパーカーとか上着とか渡したから

他になに送ったらいいかわかんないのよね。。。。

 

なんかこれ!!ってのが見つかったら

また送る事にしようかな。

 

さてさて。。。。

ぼんぼんとのこれからはどうなっていくんだろう。

 

お豆が一番、これからの展開にハラハラ、ドキドキしてます。

 

また少しずつ、ぼんぼんの話も書いていきますので

これからの展開も含め、気長にお付き合い頂けると有り難いです。

 

また、最近、家族の話をよく書いてますが

そちらも楽しみながらお付き合い頂けると有り難いです!!

 

それではまた次回。。。

なんの話か分かりませんが、お会いしましょうw

家族の話6 トイレに百恵ちゃんが!

こんばんは(○'ω'○) 休みで1日ゴロゴロしてしまい やったことは……ほぼない。 ぼんぼんへのバレンタインカードの 表紙が出来ただけ。 情けないなぁ………… お豆です。

お豆が住んでいたところは かなり田舎で 山奥に住んでいました!

なので、狐や狸、猿とかは 結構普通に遭遇してました!!

ある秋に 我が家の庭にある柿の木に…… 2匹のお猿さんがいました!!

木の上で美味しそうに柿を 頬張っていました!

びっくりというか なんともいえない驚きと どうしていいかわからずで 何も出来ず立ち尽くしていました。

そこに現れたそら豆!!

うわぁ!猿じゃん!

とテンション爆上がり!!

けど、驚いた猿は柿を投げ捨てて ダッシュで逃げる┗=͟͟͞͞( ˙∀˙)=͟͟͞͞┛

追いかけるそら豆!

そして、そら豆が猿が 投げ捨てた柿をぶん投げる……

ガッシャーン!!

そら豆が猿目掛けて投げた柿を 猿がよけてしまい トイレの窓に直撃し 割れてしまった(´ºωº`)

トイレの窓が割れて 何かでカバーしなきゃって話になり ダンボールとか何かかなぁって 思ってたら

なんと…… 父の大好きな山口百恵さんのパネルが!!

何故か聞くと ちょうどいい大きさだからって!

だからって百恵ちゃんパネル置く? って思ったけど、確かに サイズがピッタリだった!!

ただ、トイレに行くと

百恵ちゃんがいる!っていう驚き(笑)

それと 夜はそれが逆にホラーで((( ;゚Д゚)))

トイレに行くと 横に笑顔の百恵ちゃん!!

窓が直るまでは 当分夜トイレには行かなかったな(笑)

そして…… そのあと百恵ちゃんパネルがどこに行ったのかはわからない\=͟͟͞͞(꒪ᗜ꒪ ‧̣̥̇)/

父は大好きだったから 捨てるってことはないと思うけど…… トイレに置いたものをどこかにのけるか?とも思うし……

未だに謎です(笑)

なんだかんだ言っても・・・

なんだかんだと言っても

ちゃっかりバレンタインの準備をし出す、あほなお豆。

 

ぼんぼんとの遠距離にほとほと疲れ果ててしまっているが

なぜかバレンタインのチョコもプレゼントも

もう購入し始めて。。。

バレンタインカードも作らなきゃ!!!って

画像探したり、どんな構図にしようかとか

今回はアルバムも兼ねてみようとか

考えてる時点で、ぼんぼんが好きなんだなぁって

実感させられる。

 

ぼんぼんのこと書くのやめようとか

連絡するのもやめようとか

色々考えたけど

結局は無駄なんだなって・・・

だってもう次のイベントに向けてちゃっかり

準備し始めてるんだから・・・

 

それだけで、お豆があほなくらいぼんぼんが好きで

どうしようもなく好きってことだし

それをただただ実感させられた。

 

電話もなかなか出来ないし

LINEだってあんま送ってくれないし

プレゼントだって分かったって言うだけでこないし

 

それでもぼんぼんが好きで

どうしようもなく好きで

そんな自分を嫌いになる事も

ぼんぼんを好きでいることもやめられなくて

なら、とことん好きでいるしかないし

とことんやるしかないのよね。

 

っておもった。

 

まだ書いてないけど

前にも同じ事思ったなぁ~って・・

(また書きますので、気長にお付き合い下さい;;)

 

やっぱり好きだし

好きなものは好きで、どうすることも出来ない。

 

なんだかんだ言っても仕方ない。。

惚れたもん負け・・

こればっかりはどうしようもないな(T-T)

 

どうしたらいいんだろう。

とりあえず、会いたい。

会って、話がしたい。

今望むのはそれだけ。。。

家族の話5 庭にテント出現!!の巻

おはようございます。

朝、車に乗ったら、カーナビが

今日は愛と希望と勇気の日です。

って言うので、アンパンマンの日だ!!

朝からアンパンマンの歌を歌いました!!

愛と勇気だけが~まで来て

あれ?希望は??ってなりました。

お豆です。

 

母は何度も言うけどかなり強くって

ワイルド!!!

 

父は幼い頃、病弱だったので

坊ちゃん育ちだけど、大人になってからは

幼い頃の反動なのか、アクティブでアウトドアなど

意外と好きみたいな所もあります。

そして何より子煩悩ですw

 

今日は家族の話です☆。.:*・゜

 

小学校の頃、夏といえばキャンプ!!

って言うくらい、みんな学童クラブや家族で

行ってて、毎年夏休み明けは

キャンプうらやましいな!!ってなってた!

 

(今思えば何でキャンプ流行ってたんやろ?)

 

あれは、お豆が小学校3,4年の頃💭

 

キャンプしたい!!と話し出したお豆達。

でも、現実はそう簡単にはいかないってわかってたから

仕方ないね・・・とお豆達も

騒ぐだけ騒いで諦めてた。

 

そうすると、父が

おーい、手伝え!!

とお豆達を集合させる。

何かと思い、庭に家族大集合( •̀  •́ゞ)ビシッ!!

 

すると・・・なにやら大きな袋が・・・・。

 

開けてみると、、、

なんと、テント!Σ(゚д゚;)

 

お豆達は大喜び!!!

父と母が二人で一生懸命組み立ててくれました!!

 

デデーン!!

テント完成\\\\٩( 'ω' )و ////

 

すごすぎるw

家族6人が余裕で寝れるほどの

大きいなテントが庭に出現!!\(* ´ ꒳ ` *)/

 

 

そして晩ご飯はなんと

庭でBBQ🍖🔥🍴

 

そして思った・・・

 

 

キャンプ最高!!!

 

 

 

お風呂に入り、寝るってなったとき

やっぱりテントで寝たくて

お豆達は布団持ってテントへ!!!

 

 

 

夜は冷えるからやめたほうがいいよ。

という母の忠告を無視し、

テントへ直行!!=͟͟͞͞(   ˙-˙ )ง

 

テントでわいわい騒いでから

就寝・・・Zzz(´-﹃-`)Zz…

 

 

しかーし

 

事件は起こりましたw

夜中、寒すぎて眠れないのです。

 

寒い……

寒い……

寒い(Θ口Θ)

 

そして、お豆達は

大号泣しながら家の玄関へ。。。

チャイムを連打!!!

 

 

慌てて母が出てきた。

ほらね!と言わんばかりの母に

4人で抱きつき

ごめんなさい。と泣きまくったw

 

 

こんなことになると思った父と母は

お豆達の寝床を準備し

部屋を暖かくして

起きて待っていてくれたのだという( ;꒳; )

 

折角テント建ててくれたのに・・・

と泣くお豆達に父は言った。

 

テントもいいけど布団が一番や!!

 

 

確かにそうだな!と納得w

(この言葉が一番胸に来た・・・父の名言かも知れないw)

 

その後は

みんなで家族6人仲良く

川の字で寝ましたw

(川というか州に近いなw)

 

父からは

キャンプしたいなら、これからはいつでも出来るぞ!とか

夏になり、BBQすることになると

テントいいのか??っって言われるようになった(*'▽'*)♪

 

キャンプしたい!って言うと

庭にテント建ててくれて、、BBQもしてくれる……(> <。)

とてもとてもすごい、有り難い経験だなって

思い出す度に思う( ´ ` *)

 

最近は家族みんなが集まるって事は

なかなかないけど

いつかまたみんなでBBQしたいな!!

 

もちろんテントでは寝ないw

布団でゆっくり寝よう!!

 

いつか自分に子どもが出来たら

同じようなことをしてあげられる親になりたいな・・・(。•ᴗ•。)♡

2人の子どもでよかったっていつも思う。

感謝、感謝です(*'∀'人)♥*

大人になるって何だろう・・・PartⅡ

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

 

おはようございます。

寒さが昨日より少しマシだな・・・って思ったら

大雪になってました(T-T)

それ見て腹痛になり、三年ぶりの腹巻きとレッグウォーマーやら

暖かグッズ総動員しました。

お豆です。

 

今週のお題を見る度に色々考えさせられ

また書こうと思ったのです!!

昨日は成人の日と言う事もあり

朝から新成人の行動にについてのニュースが流れていました。

まぁ、、、成人式に行ってないお豆には

正直まんまり成人式のこととか

その後の会食したいって気持ちはよくわかんないんだよね(;´Д`)

 

成人式があった年に

自分は大人になったって思わなかったけどな・・・

20歳になっても、大人だって思うことはなかったな・・・

じゃぁいつ大人になったって思ったんだろうって考えてみた。

 

答えはやっぱり、昨日と一緒で

素直に自分の気持ちを話せなくなったときに

そう思ったな。

 

あ、ここは我慢しなきゃいけない。とか

あ、これは正しいことだけど、言ってはいけない。とか

注意したくても、言えば何言われるか、何されるか分からないからって

見て見ぬふりをするようになったときに

あぁ自分はなんて情けない大人になったんだろうって

思うようになったな。

 

なんでも言えばいいって訳じゃないのも分かってるし

素直だけではどうにもならないことも分かっているけれど

感情だけで動けなくなったのは

やっぱり自分が大人になったからなんだろうな・・・

 

大人になるって何だろう。

珈琲は砂糖もミルクも入れるし

ビールは乾杯以外では飲まないし

何かあるとすぐに泣いてしまう。

だけど、現実はアラサーで、会社員で、世の中的には

やっぱり大人になるわけで・・

 

大人と子どもの境界線はどこにあるんだろう。

大人ってなんだろう。

 

 

考えてもわかんない。

でも、ひとつだけ分かってることは

今の自分は子どもの頃の自分が思っていたような

大人じゃないって事。

 

それに気がついて

子どもの頃の自分に恥じない大人になろうって

死ぬときこれでよかったって思える自分になろうって

改めて思った。

 

よし、今日からまた頑張ろう!!!