お豆の迷走記

人生迷走中アラサーお豆の日常や家族の話

家族の話18  お豆の反抗期と父の涙

こんばんは?なのかな???

今日は余裕があって、いくつも更新してしまってますw

お豆です。

 

 

父との想い出というのは

結構少なくて・・・

父からの愛情の差を感じていたからか

覚えていることはほとんどが

良いことではないので

父との関係が良くないと誤解されがちなのですが

そんな事無く、、、

父とも仲良しだし、大好きな父です!!

 

とはいっても

お豆も反抗期があり、その頃は父にも

反発していました!!!

 

その頃といっても

反抗期はかなり短かったので

本当に一瞬のような感覚ですが・・・・。

父がその頃の事をどう思っているかは

分からないのですが(^_^;

 

お豆の反抗期はかなり遅くて

大学生になってからでした。

お豆は行きたい大学がありました!

S大学に行きたいと猛勉強していました。

 

模試の判定もA!!よし!行ける!!

 

そう思っていました。

が、ある日、父から恐ろしい言葉が

 

大学は国公立以外では、◯◯大学しか行かせない。

 

ん???

S大学は残念ながら私学で、◯◯大学も私学だけれど

学費の問題でした。

そして、◯◯大学にはお豆が学びたい学科はなく・・

お豆がなりたい職業に就くには

国公立の大学に合格する以外ありませんでした。

 

猛勉強を重ね・・

センター試験を受け、自己採点し・・・

国公立の願書提出!

しかし、センター試験の結果は微妙であり

どの大学に願書を出すか・・・

とても迷いました。

 

迷いに迷って

K大学に前後期とも出願しました。

 

K大学の倍率は前期は4倍でした。

前期は当然すごい数の受験生の中、お豆も受験し

面接があったと記憶しています・・

(前期の記憶は倍率以外はあまり覚えていない)

 

合否が出るまで、勉強を続けた。

ネットで合否を確認し、、、、

後期試験へ向けての勉強が始まった。

 

学校には後期試験受験者が来て勉強していたが

当たり前に空気は重い。

一度敗北を経験しているからだ・・・

 

後期の倍率は定かではないが

受験しに行った際の感じでは少なくても16倍

4人の合格枠を争って、私が受験した教室に30人以上いたし

隣の教室も同じ・・・

それが午前中にも同じだけいたとしたら・・32倍w

 

受かる気はしなかった。

 

案の定と言うのも変だけど

お豆は合格できなかった・・・

 

約束通り◯◯大学へ進学!!

行きたかった学科ではなかった事もあり

なんだかいやな感じで大学生活を送っていたもんだから

少々ぐれたんですw

 

で、父に何かで怒られた事に対して、逆ギレして

S大学行かせてくれるって行ったのに、

行かせてくれんかったからやんか!!!嘘ついたくせになんなん?

って言ったら・・・

父は泣きながら、

金がなかったんや!行かせてやりたくても

行かせてやれんかったんや。悪かったな!

って泣きながら怒ってた。

 

それを見て、お豆の反抗期は終わったのです。

父親にこんなことを言わせてしまうなんて

なんて情けない娘なんだろうって・・・

父の自慢の娘になりたいって思って

大学の話はあれ以来したことはありません。

それにそもそもK大学に受からなかったのは

お豆の勉強不足だった訳だから

父を恨むなんて間違っていたのだ。

 

それからは父の自慢の娘になれるように

大学で取れる資格は何でも取ろうと思い

教員免許も含め、とれるものは取りました。

その後、無事に就職も出来、今があります。

 

いつか父に自慢の娘だと言ってもらえるように

これからも努力し続けようと思っています。