お豆の迷走記

人生迷走中アラサーお豆の日常や家族の話

26 恋の行く先

こんにちは!

今週も始まりました。

一週間頑張りましょう!

 

ぼんぼんの仕事が終わるのを待ち

連絡が来て迎えに行った。

ぼんぼんがお疲れっていってロイヤルミルクティーをくれた。

 

 

少し走った所にある空き地?みたいなところに

車止めて話をした。

 

最初なんて話したら良いか分からなくて

二人とも無言・・・

 

沈黙を破ったのは・・ぼんぼん。

 

ぼんぼん:ごめんね。昨日は・・・

お豆:うぅん。私こそごめんね。朝、大丈夫だった?

ぼんぼん:もちろんメチャクチャ怒られたけど・・大丈夫だよ。

 

そこからまた沈黙・・・

 

長い沈黙でどうにもならなくて・・・切り出した。

 

お豆:私はぼんぼんが好き。好きだし、一緒にいたい!!

ぼんぼん:僕も好きだよ。でも今のままがいい。

     友達みたいに一緒にいるのがいいなって思う。

お豆:じゃぁ、今まで通りで、、、その先はないって事?

ぼんぼん:今のままで充分楽しいし・・・

お豆:私はぼんぼんの隣にいたい。ぼんぼんとチューしたりもしたい。

 

ぼんぼん:うーん・・・今のままじゃダメなんですか?

お豆:逆に一緒にいるっていうのはダメなの?

ぼんぼん:今も一緒にいるじゃないですか!これじゃダメなんですか?

お豆:私のこと嫌い?

ぼんぼん:好きだよ?

お豆:チュー嫌?

ぼんぼん:嫌じゃないよ?

お豆:じゃぁチューする!

   (チューしたw)

 

ぼんぼん:でも、チューしたりしたら今までと変わっちゃうじゃん。

     僕は今まで通りがいいんです。

お豆:変わらないじゃん。一緒にご飯食べたり、飲んだり、ゲームしたり・・

ぼんぼん:でも、今までと変わっちゃうじゃん。

 

この繰り返し・・・

どのくらいその話してたのかわかんないけど

何度も何度も、チューして、今まで通りがいい!って言われ

堂々巡り・・・

 

結局、お豆が泣いて・・・

ぼんぼん:泣かせるつもりじゃなかった。

     僕は今まで通りお豆さんといたい。

     チューしたりしなくても、僕はそれでいい。

って・・・・。

 

お豆:私はぼんぼんが好き。ぼんぼんもお豆が好き。

   なのに、チューしたりしちゃいけないの?

   なんで、一緒にいれないの?

ぼんぼん:一緒にはいますよ!これまでと一緒。

     チューしたりしないだけです。

お豆:ぼんぼんのこと好きなのに・・・

ぼんぼん:僕も好きですよ。

     だから、これまで通り一緒にいてください。

 

もう訳分からないし、納得出来ないし・・・

でも、ぼんぼんは頑固で、ゆずらない。

 

話は平行線のままで

結局、次の日もあるからって話になって

ぼんぼんに無理でも納得して下さい。って言われて

私の恋は終わった。

 

両思いなのに・・・

なんで???そればっかり考えてた。