お豆の迷走記

人生迷走中アラサーお豆の日常や家族の話

28 両思いの恋人未満デート

おはようございます。

最近、良いことがあまりなかったので

かなり落ち込んでいましたが

読者登録やコメントを頂き

感激して、うれし涙が出ました。

お豆です。

 

 

両思いなのに、だけど付き合ったり

恋人らしいことも出来ない・・・

それはやっぱり悲しくて、寂しくて

切ない思いでいっぱいだった。

 

でも、一緒にいるというのは

何も恋人同士って形じゃなくても

あるのなら・・・こうやって一緒に

いるって言うのもありなのかな?

 

って考え始めたのは

この前約束したお出かけの帰り道から。

約束のお出かけは

前よりもっともっとドキドキしたし

もっともっとぼんぼんが好きになった。

正直、お出かけして気持ちがもっともっとあふれ出して

失敗したな・・とも思ったけど。

この気持ちは後々回収されていくので良いのだがw

 

朝、準備して

連絡して、お迎え行って、いざお出かけ!!

 

どこ行くどこ行く?からの

とりあえずケンタッキーでブランチ!

少々遠出の予定だったので

ドライブスルーで購入し、運転しながら

食べることにした。

 

お豆はケンタッキー行くの初めてで・・

ぼんぼんがオススメを頼んでくれた。

 

運転しながらだからって

ぼんぼんがハンバーガーとか取ってくれたりして

やっぱりやさしいなぁ~って。

 

食べきれなくて・・・ずーっと持ってたら

後でたべる?って聞いてくれて

ハンバーガーを包み直してくれた。

優しくって嬉しかった。

 

それから水族館にいった!

駐車場もすぐに見つかって、うきうきで

水族館へ突入!!

 

すごーい!!!

感動ばかりで、目を輝かせながら見て

写真撮って

二人できゃいきゃいしてた。

でも、どことなく・・・

距離を感じていたのは事実。

 

私も、ぼんぼんも互いに触れそうになると

ハッと距離を取った。

それが、もしかしたらお互いに

ちょっとずつ傷ついていたのかも知れない・・・

 

水族館の近くでお茶しようって話になって

近くのカフェに行った。

ぼんぼんはソフトクリームも頼んでた。

 

これめっちゃ美味しい!!

お豆さんも食べて見てよ!!

とソフトクリームを笑顔で差し出すぼんぼんに

お豆も笑顔で、

ありがとう!!って一口食べた。

美味しい!!っていうお豆の顔をみる

ぼんぼんの顔がなんだか切なかった・・・

優しい目でお豆を見ている。

なんとも言えないドキドキがまたお豆を襲う。

 

二人で見つめ合って、笑って、

一個のソフトクリームを二人で食べて

端から見たらカップルなんだろうな~って思いながら

本当は違うんだよね・・・っていじけてた。

 

そんなお豆を他所に・・

ぼんぼんはソフトクリームを美味しそうに頬張っていた。

それから二人で動画を見ながら、ゆっくりお茶した。

 

それから、映画を見に行った。

ぼんぼんがみたいと言ってた映画だ!

私はぼんぼんが見たいという映画は今まで

見なかったジャンルだったが

ぼんぼん過ごすようになってからは

見るようになったw

今回はハン・ソロを見に行った!

 

お茶した後だったから

飲み物いる?って話になったが

一応いるよね?ってなり

ぼんぼんが一緒に飲んだら良いかな?って

言うから、1つしか買わなかった。

 

プレミアムポップコーンと飲み物を1個。

仲良く二人でトイレ行った後待ち合わせて

席に向かう。

誰が見てもカップルなんだろうな・・・

 

なんの迷いもなく

1つの飲み物を2人で飲んだ。

飲み物やポップコーンに向かう手が

触れる度に二人で照れ笑いして・・・

若いカップルみたいだったw

(中学生カップルって書こうかと思ったけど・・・

今の中学生はそんな事じゃ照れないのかも知れないと思ったので

若いカップルにした・・。)

 

初々しいって言うのは

このときの私とぼんぼんみたいなのを言うのかも知れない。

ドキドキしながら、照れ笑いしながら見た映画は

きっと一生忘れないだろう・・・

 

映画を見終わって、トイレに行き、

グッズ売り場でうろうろしていたら

ツムツム人形を見つけた。

すっごくかわいくてみてたら

ぼんぼん:ほしいの?買ってあげる!

お豆:え?いいよ。

ぼんぼん:買うよ!どれが良いの?

お豆:えっ・・うーん・・迷っててどれにしようかなぁって

ぼんぼん:これとこれかわいいやん

お豆:でも、これとこれもほしくて・・・

ぼんぼん:ならこれとこれもセットで6個買うわ

お豆:えっ!!でも・・・

ぼんぼん:いいよ!僕が買うって言ってるときに、買ってもらっときなさい!

 

で、結局6個も買ってもらっちゃった!

すっごくかわいくて、車に乗っていますw

 

それからご飯食べに行って帰った!

 

ぼんぼんの行動の節々に謎を感じつつも

恋人ではないけど

端から見たら恋人みたいな関係に

お豆自身かなり戸惑ったけれど・・・

ぼんぼんとの時間がちゃんとあって

少なくともぼんぼんがお豆を思ってくれているのがわかるから

恋人って形じゃなくて

こうやって一緒にいるっていうのもいいかなって思った。

 

お豆:また一緒に出かけてくれる?

ぼんぼん:もちろん。飲みにも行こうよ。

お豆:うん。今日はありがとう。

ぼんぼん:楽しかったよ。ありがとう。おやすみ。

お豆:おやすみ。

 

これで充分だって思った。

これからもこうやって一緒にいれたらそれでいいって。

お豆もこの関係に納得することにした。