お豆の迷走記

人生迷走中アラサーお豆の日常や家族の話

36 最高のデートだったな

おはようございます。

今日は雨です・・・寒いです。

雨が嫌ではなく、寒いのが嫌です!

お豆です。

 

 

ぼんぼんから貰ったプレゼントを抱きしめたまま

ぼんぼんの後ろをずっと歩いてた!

 

ら、急にぼんぼんにぶつかった!!

 

お豆:ふぇっ!ごめん。

ぼんぼん:お豆さん、どうしました?

お豆:いや・・なんでもないよ?

ぼんぼん:お腹空きましたね!何食べますか?

お豆:うーん・・・ぼんぼんは何食べたい?

ぼんぼん:うーん・・・飲み屋でも良いですけど・・

 

とキョロキョロしながら歩き出した。

で、急に立ち止まって

ぼんぼん:普通にご飯屋さんにしますか?

お豆:どっちでもいいよ!ぼんぼん飲むなら付き合うし!

ぼんぼん:いや、お昼にたらふく飲んだので、

     お豆さんが良ければご飯にしましょう!

お豆:私はそれでも良いよ!

ぼんぼん:何にしますか?

お豆:あ!・・・パスタ食べたい。

ぼんぼん:パスタ・・・いいですね!

 

で、パスタやさんに向かったら

人がいっぱい並んでた。

行列が苦手なお豆とぼんぼんはすぐさまUターンw

 

で、歩き出してすぐ

ぼんぼん:なんか美味しそうな匂いがする!!!

とずんずん歩き出した。

たどり着いた先には一軒の居酒屋が・・・w

 

ぼんぼん:・・・・パスタやさん他のお店さがしますか?

お豆:ううん。ココにしよう!美味しそうな匂いがする!!

ぼんぼん:え?パスタはいいんですか?

お豆:良いよ!パスタは今度お昼に食べよう!

ぼんぼん:うん。じゃあココで飲みましょうかw

って結局居酒屋で飲んだw

 

パスタはなかったけど

焼きそばがめっちゃ美味しかった!!

やっぱりぼんぼんは鼻がきくw

 

帰りの電車で

お豆:これ本当にありがとう。大事にするね。

ぼんぼん:いいえ。いつもの御礼と遅くなったけど

     誕生日の御祝です。

お豆:こんな高いの・・・本当に良かったの?

ぼんぼん:いいんですよ!全然予算の範囲内だし

     そのピアスめっちゃお豆さんに似合ってるし(〃・ω・〃)

お豆:ありがとう(T-T)

 

照れるぼんぼんにつられて・・・お豆も顔が緩んだ。

それからまたプレゼントを抱きしめて・・・

またぼんぼんにありがとう。っていった。

照れながらお豆を見つめるぼんぼんの顔が

とっても愛おしくて、電車じゃなかったらキスしたかったw

けど、これは内緒w

 

そっとぼんぼんの肩にもたれかかった。

いつもは恥ずかしがってダメ!って言うけど

何にも言わずに、

お豆の頭の上にぼんぼんが頭を乗せてきた。

それがすっごく嬉しかったし

なんとも言えない幸せに包まれた(*´ェ`*)

 

そのまま2人とも眠りについた。

気がつけば、次は乗り継ぎの駅!!

ぼんぼんを起こして、手を引いて電車を乗り継いだ。

今度は2人がけの椅子に座った。

ぼんぼんが、すぐにお豆の肩にもたれかかってきた!

(*´Д`*)キュン♡

幸せだな・・・。最高!って思いながら終点の降りる駅まで

お豆の肩で眠るぼんぼんの手をそっと握った。

 

終点から2人で話ながら、手を繋いで帰った。

2人でいると時間はあっという間に過ぎちゃう。

もっと一緒にいたいな・・・って思うけど

眠そうなぼんぼんに言い出せず・・・。

結局、ぼんぼんの家についた。

送ろうか?っていってくれたけど、

すぐそこだから大丈夫っていって手をぎゅっと握ったら

ぼんぼん:もう少し一緒にいたかったけど、ごめん。今日は眠すぎる。

お豆:大丈夫だよ!気にしないで!

ぼんぼん:でもやっぱりそこまででも送ろうか?

お豆:大丈夫。送って貰ったら、この手を余計離したくなくなるから。

ぼんぼん:わかった。またね。今日はありがとう。

って手をぎゅーって握ってくれた(T-T)

 

それから、お豆が角を曲がるまで、見送ってくれた。

角を曲がるまで、何度も何度も振り返った。

そのたびに、ぼんぼんが手を振ってくれた。

角を曲がるとき、手をめっちゃ振ったら、ぼんぼんもめっちゃ振ってくれた。

 

角を曲がったら、急に涙がこぼれた。

ちょっと寂しいもあったけど

何よりももう少し一緒にいたいって

ぼんぼんも思ってくれてたってことが嬉しかった。

けど、泣いた話も内緒w

 

 

あぁ~本当に最高のデートだったな!

って今思い返しても思うけど・・・

買って貰った高いピアスは、一生大事にする!!!